学生が銀行からお金借りるには

学生でも銀行カードローンならお金借りることができます。
銀行では、満20歳以上の方で本人に安定した収入があることを融資条件としています。そのため、学生でも成人を迎えていて、アルバイトでも構わないので収入がある方なら申込みが可能です。

 

銀行カードローンは低金利融資が可能なので利息負担を抑えた借入れをすることができるのが特徴です。
また、審査に通過できれば原則として身分証明書の提出のみで契約することができます。収入証明を求められることも稀にありますが、基本的にはないと思っていいでしょう。学生証なども不要です。
家族には内緒にしておきたいという方も少なくはないですが、WEB申し込みを利用することで周囲に隠しておくことは可能です。ただしお金を借りるには計画性を持たなくてはいけません。

 

アルバイトの収入から生活費、交際費、通信費など毎月の支出を計算し、いくらまでなら返済に充てることができるのかを考えましょう。
また、家族に内緒にできるとはいえ、それは正しく返済ができている内だけです。返済が滞ると自宅へ支払い催促の郵送物が届いたり、自宅の固定電話に連絡がくることがあり、すると家族にばれてしまう確率が上がります。
また、連絡を無視し続けると裁判所へ訴えられることになり、こうなると流石に隠し続けることはできません。最終的には親の協力を得て返済をするもしくは債務整理をすることになるため、計画性を持ってお金を借りるようにしましょう。