お金借りる時は会社に連絡があるのか

キャッシング等を利用してお金借りる時は、申込みをした後に審査を受けます。
そこで金融機関はその人に融資しても良いか、返済能力があるかどうかという事を調べます。
審査の最終段階で行われるのが在籍確認です。
これは電話で行われる事が多く、その場合は金融機関の担当者の名前で会社に連絡が行きます。
金融機関名を出してしまう事は法律違反に繋がるので、必ず個人名でとなっています。
また、カードローンなどを利用しようとしている事を伝えるのではなく、お金を貸してほしいと言ってきた人が本当にその会社に勤めているかどうかという事を確認するだけです。
だから、ローンを利用しようとしているとか、お金を借りる事になっていると言った事などを伝えられてしまう事は有りません。

 

また、お金借りる時と言うのはどうしても借りる事ばかりに目が向いてしまいますが、実際にはその後完済するところまでがワンセットです。
無理のない返済計画を立ててその計画に従って返済しますが、時にはその計画通りには行かなくなってしまう事があります。
その場合は利用している金融機関にすぐに連絡をして、どのようにすれば良いか指示を仰ぎます。
もし借りている額がそれ程多くないから放置しておいても良いだろう、と言ってそのままにしておくと、最初は自分の所に連絡が来ます。
そして督促状が届いたり、会社に連絡が行くようになります。
そうならない様にする為にも、お金借りる時は本当に必要な額のみにし、自分の返済能力に合わせて返済します。